脱毛 妊娠

脱毛サロンでは妊娠したら施術を断られてしまう理由!

サロンやクリニックなどで本格的なムダ毛ケアをしたいと考えていたのに、
妊娠したら施術を断られてしまうのが一般的です。
脱毛したいのにどうしてと思う人も多いですが、
これは妊娠によって女性の体が大きく変化することが大きな原因です。

 

女性ホルモンのバランスが大きく変化し、
肌も乾燥してデリケートになってしまうため通常ならば脱毛によってトラブルが起こらない人でも
痒みや赤みなどのトラブルが起こってしまう可能性が生じてしまうのです。
また、胎児に直接は関係ない手や足、ワキなどの脱毛でも、100%影響が無くて安心だとは言いきれないため、
母子の健康のためにフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を行わないのが業界内での共通した考え方です。

 

では妊娠中にムダ毛が気になるときはどうしたら良いのかというと、
自宅で安全かつ手軽に出来るセルフケアがおすすめです。

 

妊婦健診で採血をしたり、内診を受けたりする回数が多いため、
腕や足などのムダ毛は定期的にお手入れすると安心でしょう。
その場合は肌を傷つける恐れが低い電気シェーバーを使ったお手入れがぴったりです。
また、妊娠すると乳首やおへそ周りのムダ毛が濃くなるケースが多いため、
気になる場合は健診前にお手入れしておくと良いでしょう。

 

人によっては内診で見られるデリケートヘアのお手入れをしたいと考える人もいますが、
お腹が大きくなってくると自分では下腹部の状態が全く見えなくなってしまうため、
自分で処理できないときは無理な姿勢で処理しないほうが安心です。
パートナーに気兼ねなく相談できるときにはお手入れを手伝ってもらっても良いでしょう。

 

妊娠中の脱毛はお腹に負担がかからず、
肌にトラブルが起こらなければセルフケアを通常と行っても構いません。
ただし家庭用脱毛器のようなフラッシュやレーザーを使う特別なマシンを使用するのは
サロンやクリニックの利用と同様に避けたほうが安心でしょう。
そうすれば妊娠中のムダ毛とも上手に関係していくことが出来るでしょう。