自己処理 肌トラブル

自己処理で起こる肌トラブル!続ければ続けるほど危険!

ムダ毛の処理というのは、とても面倒なものです。
多くの人が自己処理を行っていますが、肌トラブルにつながることが多いです。

 

自己処理には、大きく分けて2つの方法があります。
1つ目は、カミソリやシェーバーによって剃るという方法です。
カミソリもシェーバーも比較的安価で販売されており、
自宅で手軽に処理できるというメリットから、多くの人が行っている方法です。
しかし、毛というのは皮膚の下の毛根から生えているために、
お肌の上に出ている部分だけを剃ってもすぐに毛が伸びて生えてきてしまいます。

 

きれいに剃るために、毛の流れと逆方向に剃る人がいますが、
これは毛穴を広げてしまう原因になります。
毛穴がボツボツと目立ってしまうと言うのは、剃ることで起こる肌トラブルです。
剃る処理を続けていると、毎日のように剃らなければいけなくなり、
お肌への負担も大きくなります。

 

自分では毛だけ剃っているつもりでも、お肌の表面の角質も一緒に剃り落しているからです。
角質には神経がないので痛みはありませんが、確実にダメージは蓄積しています。
カミソリ負けなどのトラブルも、お肌がダメージを受けていることから起こります。

 

また、2つ目の方法として、毛抜きやワックスで抜くという処理をする人もいます。
毛根から引き抜くため、毛のない状態が長く続き、
ツルツルで気持ちいいと癖になってしまう場合もあります。
しかし、引き抜くというのは毛穴にとって大きなストレスになります。

 

雑菌が毛穴に入って炎症を起こすこともありますし、
一番大きな肌トラブルは埋没毛になってしまうことです。
埋没毛とは、皮膚の中で毛が生えてしまう状態で、
皮膚の上から引き出して無理やり抜いて対処することもありますが、
これもお肌にとってはよくないことです。

 

お肌をきれいに見せるためのムダ毛の自己処理によって、
肌トラブルにつながってしまう悲しい現実があります。
毎日剃ったり抜いたりしないで、お肌を休ませてあげる期間を作りましょう。